MENU

先輩社員インタビュー

福原 亜門さん

部署名  / セールスエンジニア、人事

1994年生まれ。東京大学卒業後、株式会社パーツワンへ入社。セールスエンジニアとして活躍し、人事やシステム部門も率いる。
趣味は温泉めぐり。

入社を決めた理由を教えてください。

大学三年の時に、サマーインターンをきっかけにパーツワンを知りました。
お客様に対するサービスについて真摯に向き合い、社員一人一人が自分の役割を考えて行動している姿に、「自分の仕事の質の高さと領域の広さを入社直後から求められるような環境で働く」ことが大事だと思い、長期のインターンに参加しました。インターンはベンチャー会社で行っても、就職先は大手という学生も多いと思いますが、どこが自分の実力を伸ばせる場所なのかを把握した上で、世間体や評判にとらわれず正直に選ぶということで就職を決めました。もちろん会社の規模だけで決まるわけではないですが、会社自体が「未完成であること」やチャレンジできる環境が普通であり、自分で何か新しいものをつくり、それが社内で、そしてお客様に認められるようになることがこの仕事の面白さです。

image

実際に入社後に感じたことを教えてください。

働いているメンバーが、自分も含めて 「パーツワンでなければ、ベンチャー会社には就職しなかったのではないか」 という人だということに気づきました。事業を急激に拡大させて成果を誰よりも残すことを第一目標にするというよりは、お客様のため、メンバーのために何が出来るかを考えながら会社を創っていく雰囲気に居心地の良さを感じて働いている一つのチームです。私も仕事の意義や背景を丁寧に説明して、仕事を楽しいと感じてもらい、一緒に働き続けたいと思って行動をしています。

image

やりがいを感じたエピソードや魅力を教えてください。

お客様や商品のことなど、関連する要素が多く、一つの行動に対して数十もの基準を頭に入れながら進めていくことがこの仕事の難しさですが、それが誰もが同じように出来れば、個人の力ではなく、会社の力となっていきます。暗黙知として勘で覚えていくものとして仕事のプロセスを進めるのではなく、一つ一つを「共通言語にするとしたらどうか?」と考えながら、細かい状況まで想定したシステムを創るという仕事を行っておりますが、それによって、今まで難しいと考えられていた業務を、全員が当たり前にできるようになっていくことが大きなやりがいです。

これからの目標などについて教えてください。

この会社は、少し変わった人が働いているところです。
自分のオリジナルの意見を持って、それを臆せず発表できる人が多いので、常識にとらわれない発想を持ってきてくれることがあります。また、得意分野ややってみたいことも人それぞれですので、今行っている仕事から展開させて、お客様との関係に対するアプローチだったり、商品に関わる分析だったり、新しい仕事をいくつもスタートさせています。それによって、この会社を面白いと感じてくれる人が更に増えて、人数と個性で発展させていくことがこれからの目標です。

採用・インターンの
お問い合わせContact

株式会社パーツワンでは熱意とチャレンジ精神のある新卒、インターンシップ生を募集しています。
ご希望の方は、下記の電話番号、もしくはお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

03-3463-2065

受付 9:00~18:00(平日・土曜)日曜・祝日休み